就職

主に新卒での就活について書いています。特に ①心理学の専門を生かした就活で内定を取るために何をすべきか? ②発達障害を持つ学生が就活をする際に何を気をつければいいのか? の2つの観点から解説します。

大学だけじゃない!心理学専攻→企業の研究開発職のメリット3選

こんにちは。このブログは心理学専攻の人向けに書いていますが、みなさん卒業後の希望進路は考えていますか?多くは公認心理師を取って心理職を目指す、大学院を経て大学教員を目指す、あるいは心理学とは全く関係ない就職をする...という人もいると思います…

企業では誰が心理学の研究開発をしているのか?

企業で心理学を研究開発しているのは、心理学専攻だけじゃないです。どんな人が研究しているのか、就活時に何を気をつければいいのか解説します。

発達障害者の就活、勤務地のことちゃんと考えて!

こんにちは。このブログでは発達障害を持つ学生の新卒就活を一つのテーマとして書いてきました。今回は就活をする際に考えたほうが良さそうなこととして勤務地について書いてみます。 給料や会社の知名度に引っ張られて新卒就活時(特にクローズ・一般枠で就…

【後悔】心理学を生かした就職に向けた「ガクチカ」の話【実体験】

ほとんど経験者がいない心理学→民間企業R&D就職。実際に企業で心理学の研究開発する私から、就活に役立ちそうな「ガクチカ」をわかりやすく解説します。

【新卒・発達障害】一般枠/障害者枠?選ぶためにやってよかったこと教えます

発達障害を持つ就活生は、一般枠?障害者枠?で迷うはず。とりあえず2つを並行しながら進めるための手法をアドバイスします。

大学院進学と就活の並行方法(3年秋からの早めの準備が大事)

【Google砲貰いました】大学院か就職か?迷う大学3年生に向けて、就活と院試対策を両立した私が、3年生の春から4年生にかけて何をすべきか?を解説します。

心理職(研究系)の求人はどう探すのか?学会サイトからコネまで4選

こんにちは。 このブログでは「心理学専攻の人が専門を生かした就職をするために何をすればいいのか?」ということについて記事を書いてきました。 今回は,実際に心理系研究開発職で採用された私(筆頭業績0)が,どうやって求人を探したのか?をなんと全て!書…

【企業の本気を感じる】京大サマーデザインスクールの魅力

みなさんこんにちは。先日まで行われていた「京都大学サマーデザインスクール(SDS)」に参加してきました!(下はイベントの立て看板です) それほど調査して参加したわけではなかったのですが,最高!な科学イベントだったので早速紹介していきますね。心理学で…

【学部生向け】初めての学会を楽しく廻るための下準備とは?

こんにちは。 学会発表は院生になってから!という大学もありますが,就活の前倒しを受けてか早いうちに業績を積みたい!学会に行ってみたいという学部生は当然いるはず。でも、自分が発表するならまだしもそうじゃないならどんな風に回ればいいのかわからな…

【売り手市場】景気で採用数は変化する?10年分企業ごとに調査

こんにちは。以前私は「景気がいいうちに就職することに決めた」と書きました。それは「不景気になれば採用数が減る」という仮説があるからです。実際に就職氷河期と言われる方々はその直前のバブル期よりも極端に採用枠が減った状況で就活せざるを得なかっ…

「大学職員・研究所総合職」の就活―採用試験を解説―

こんにちは。 前回は「研究支援」のお仕事としてこんな仕事があるよ! というお話を書きました。 husbird.hatenablog.com その一環で大学職員と研究所総合職の2つを,どんな仕事なのか?を含めて紹介しました。 さて今回は新卒での採用試験をどう突破するか?…

研究を活かす就活-「大学職員・研究所総合職」という選択肢-

こんにちは。先日,私の大学にある大学のアウトリーチ(研究成果の社会向け広報)のスタッフが来学し,講演をされていました。 講演の内容は別として,気になったのは「研究支援」という仕事のジャンルです。 正直なところ「フツーの人で最初から知っている人いな…

大学院進学は必要?学歴別の心理学と就職

こんにちは。 心理学部生にとってはメジャーな選択肢の一つである「大学院進学」。 文系院卒としての不利を被るリスクがあるとはいえ,アカデミックや公認心理師,その他の心理職に就くためには必須な選択でもあります。 そこで今回は学部/修士/博士で就職する…

入学前によく考えて!公認心理師(カウンセラー)になるための大学選び

こんにちは。 私は受験生の進路決定をお手伝いをする仕事をしていたため、受験生から「心理学部に行きたい!」などという相談をよく受けます。 ただ皆さんの様子を見ていて「その志望校で本当に学びたいことを学べるの?」とツッコみたくなることが多いので…

【面接】新卒就活で心理学を評価してもらうための対策3選(企業・研究開発職向け)

こんにちは。 心理学で就職したい!という人は、少なくとも自分なりにはに心理学に向き合ってきたはず。研究だったりUIを考慮したアプリの開発だったりいろいろあると思います。とはいえそれを企業の人に伝えるのは難しいもの。そこで今回は「心理学を面接で…

【心理学部生必見】ブラック研究室を回避せよ!研究したい人のための研究室選びのコツ5選

こんにちは。 先日twitterで回答をしたところ想定外にたくさんの反応を頂いたのでこちらでも公開してみたいと思います。 この文章は主に大学院への進学を考えている,あるいは心理学を活かして就職したい学部2~3年生向けに「研究室選びの基準ってある?」を…

【体験談】科研費?共同研究?将来を分ける研究テーマ選び

こんにちは。 ここしばらく書いている就職記事の続きです。今回は「企業心理職に就くための研究テーマ選び」で回答していきたいと思います。心理学を生かして研究開発の仕事に就きたいと考えている方はまずこちらの記事をご覧ください。 関連記事【まとめ】…

【社名アリ】心理学を活かせる企業の就職先3選

こんにちは。今回は心理学を学ぶ学生である私の視点から,こういう企業ならば自分の専門を生かせそうだ!という企業について考えてみます。 今回の記事を作成するにあたり、基礎心理学研究や心理学ワールドなどの学会誌をチェックしてみました。これらの雑誌…

【実体験】就活が楽になる?推薦のメリット・デメリット各3選

こんにちは。 今回は主に理系の人が対象になる推薦について書いていきたいと思います。心理学専攻の自分には関係ない...と思いがちですが意外にも関係があるんです。 そもそも大学院進学か就職かを決めていない学生の方はこちら! 関連記事【まとめ】就職?…

【まとめ】心理学を活かした就活のための必読記事!(企業の研究職向け)

心理学で企業に就職したい!という目標をかなえるためにまず読んでほしい記事をまとめました。研究テーマ選びから企業選定までいろいろあります。

【新卒】発達障害の私が就活前にやってよかったこと5 選

こんにちは。以前こちらの記事で発達障害を持つ私がクローズ就活を選択した理由を書いてみました。 関連記事【新卒】発達障害の私がクローズ就活を選択した理由 ありがたいことに多くの人に見て頂いております。嬉しいです。 ところで今回は発達障害を持つ新…

【発達障害】新卒障害者枠、まずは障害の受容から

こんにちは。先日こんな記事を書きました。ありがたいことにそれなりの方が見てくださっているようです。 関連記事【新卒】発達障害当事者がクローズ就活を選択した理由 この記事にあるように,私は発達障害クローズで就活をしていました。ただ実際に就活を終…

【カネカ騒動】就活と推薦の関係を考える

こんにちは。インターネットを見ていたらこんな記事が出てきました。 外部リンク夫の育休直後に転勤命令「信じられない」妻が告発 カネカ「コメントは差し控えたい」(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース 時間のない方の為にまとめると,育休から復帰した男性…

【新卒】発達障害当事者がクローズ就活を選択した理由

こんにちは。 私は軽度の発達障害の傾向がある新卒として,クローズで就活をしました。オープンで就活をしたブログはいくつかありますが,クローズ就活を選択した人のブログはほとんどなく私自身がすごく不安でした...そのため本記事では,クローズ就活を選択し…

少年院に行ってみた!

少しアレなタイトルですが....こんにちは。 公務員心理職のお話をした際に, husbird.hatenablog.com 少年院にインターンに行ったということを書きました。心理職にとってメジャーな選択肢ではありますが,意外と行ったことがある人って少ない...ということで…

【工学・情報系】心理学を活かせる他分野大学院とは?

こんにちは。 就職することになったものの,ギリギリまで大学院進学か就職かを悩んでいた私。 その理由として心理学から他分野への大学院進学によって,学部卒で就職するより有利に就活できると考えていたからです。 今回は心理学を活かして受験ができる大学院…

【研究職アリ】公務員心理職についてざっくりまとめてみた。

こんにちは。 前回就職と大学院進学どっちがいいの?という内容の記事を作成しました。 関連記事【まとめ】就職?大学院進学?心理系学部生の進路の考え方 今回は就職のうち,心理学を活かす!という意味で最もメジャーな公務員心理職について書いていきたい…

なぜ文系院卒は就職できないのか?

こんにちは。先日ネットサーフィンをしていたところ、こんな記事を見つけました。 1. 文系院生の就職の現状 - 大学院生(修士/博士)ポスドクの就職・転職情報サイト「アカリクWEB」 内容を簡単に言えば、理系であれば大学院(特に修士)卒でも普通に就職できる…