Web
Analytics

大切な配属面談、事前に知っておきたいポイントとは?

こんにちは。

就職先の企業も決まって、卒論も順調に書き進め、後は卒業式を待つだけ...という学生さんも少しずつ増えてくるこの時期。

でも就職先との間でやっておかないといけないことがあるはず。今回はその「やっておかないといけないこと」の一つである。配属面談及び配属希望について書いていきます。就職して最初に行く部署、初期配属が決まる配属面談です。

大切なのに意外といい加減にされる配属、知っておくべきこと、対策すべきことをまとめてみました。

POINT日系メーカーの技術系で採用された方に向けて、配属前に知っておくとよいことを解説しています。技術系で採用されているなら理系・文系不問です。

f:id:husbird:20200919192455p:plain

 

なぜ初期配属が重要なのか?

他社さんのことはさほど知りませんが、メーカーの技術系では基本的に初期配属された部門でキャリアを積むことが多いです。事業部制を敷いている企業であれば最初に配属された事業部でキャリアを積むことが多くなっています。程度の差はあれども日系・外資ともに共通しています。

これは職種別採用をしている部署であればもちろん、総合職採用の部署でもそうです。会社としてもゼネラリストではなくスペシャリストをと考えている面があるようで、部署異動もかつてほど極端な異動はなくなっているように見えます。

つまり、初期配属でおかしな部署に配属されると一生それを引きずるリスクがあるということです。

では何を知っておけばよかったか?を私自身の経験も踏まえて書いていきます。

職種別採用じゃないはずなのに部署が確約されている人がいる

特にR&Dはこれで少なからず埋まっているケースがあります。他の会社に勤める知人から聞いた話だと、総合職採用のはずなのに、特定の部署は事前に配属が確約されている人で全部埋まっていた...というケースも。

 注意

こういう人はインターンだったり共同研究をきっかけに入社した人だったりします。だからインターンや共同研究でどこを選ぶか?が大事なのです。


R&Dのうち先行研究や先行技術開発は事実上埋まっているけど設計や生産系の部門は空いている...ということもあります。こういう場合、研究や技術開発の部署を志望しても配属されません。

特定のスキル・知見を活かせるのは先行開発だけではなく量産化でも同じです。少し広い目線で自分の専門を生かせるか?を考えて部署に目を向けたり、例年どの部署が配属で人気なのか?をOB訪問などで聞いておくといいでしょう。

年ごとの配属人数は変動しますが、新入社員の中でどの部署が人気か?というのは大きな不祥事などが起こらない限りあまり変わりません

人事の思惑をよく理解しておく

総合職採用の企業の場合、入社してから配属先が決まることが多いです。このときには人事と配属先の上司が話をしながら決めていきますが、どちらの影響力が強いのかは会社ごと、年ごとに違ってきます。

結局のところ人事の仕事は「新人を受け入れる部署と就活生双方の満足をうまく調整する」といえます。詳しくは下記の外部リンクから読んでみてください。


どこの企業にも新卒が憧れる人気部署と、できれば避けたいな...という部署があります。それは当然のこと。

一方で人事側からすると人数を調整しないといけないわけですから、「不人気な部署に行ってくれる人も欲しいなあ...」と考えています。

このような状況で、「配属希望リストの中に不人気部署を下位に入れる」ようなことをすると、多くの場合その部署になります*1。内定式や懇親会などのチャンスで「他の人はどういう部署に行きたいのか?あるいは行きたくないのか?」といったことを聞き、多少は興味がある程度の不人気な部署を配属希望リストの下位に入れることがないようにしましょう。

この会社に何年いるのか?を考えてから部署を志望する

定年退職までこの会社で過ごすという人もいれば、いろいろな事情で数年後には転職するつもりで会社に入った人もいるはずです。

定年退職まで過ごすのであれば、自分の今関心がある部署で良いと思います。また自社ならではの特別な業務のある部署を志望するのも良いでしょう。

一方で転職する場合、多かれ少なかれ職務経歴に影響された職場に転職することになります*2

業界では自社だけしかやっていない衰退期の商品を担当すると後がいろいろと辛いです。私の知っている「衰退する商品の子守をする」仕事をしている人は、やりがいがあるわけではないが、この経験では他社に行き先がないという状況になっています。

そのため数年でこの会社から出ていくのであれば、他社さんでもこの仕事ありそうかな?ということを考えたうえでどの部署に行きたいか?を考えるといいのではないでしょうか。

譲歩できること、できないことを明確にする

若手の段階で部署により差が出てくるのは大きく次の3つです

  • 勤務地
  • 労働時間
  • 業務内容とキャリアパス
  • 部署の雰囲気
日系メーカーの場合、総合職採用なので部署によって若手で給料の差が出ることは少ないです。差が出るのは残業代の部分でしょう。


一番大きいのは勤務地でしょうか。基本的に本社よりである研究開発系は機械・化粧品であれば都市部周辺にあることが多いです。都内や大阪府内とは限りませんが、おおむね政令市の周辺にあることが多いと思います。

一方で工場は僻地にあることも珍しくありません。業界によりますが県庁所在地から1時間以上、電車通勤不可な会社も数多くあります。

そのため、少しでも都市部勤務の確率を上げたいなら研究開発系あるいはバックオフィスを強くお勧めします。特に理系の新入社員が興味を持ちにくい知財や研究系広報、企画系の部署は本社やそれに近い地域への配属が多く、都市部で働くことを重視するならばかなりおススメです*3

次に労働時間についてです。技術系で配属される部署の場合、基本的には現場やユーザーに近い部署ほど労働時間が長くなりがちです。逆に研究系の部署は比較的労働時間が短めになります。それは現場になればなるほど納期が厳しいからです。

逆に言えば、日系メーカーでお金を稼ぎたいならば研究ではなく開発や生産技術などの部署を志望すると良いでしょう。若手の場合労働時間に比例して残業代が増えます。

 注意

裁量労働制の場合働けば働くほど時給が低下することになるため、労働時間が増えるのは単純なマイナスになります。


さて本題に戻りましょう。若手で部署によって差が出るのは勤務地・労働時間・仕事内容とキャリアパス・部署の雰囲気の4つだと話しました。全部第一希望にこだわるのは難しいため、譲れるところと譲れないところを明確にして配属希望を出すことが大事です。

私の場合、勤務地仕事内容・キャリアパスは絶対に譲れない条件としましたが、労働時間はかなり妥協しました。100点満点だとは思いませんが、総合的に見ればかなりアタリの部署を引き当てたと思います。

逆に譲れるところ譲れないところを明確にしなかった人は、納得のいかない配属先になっているようです。

また、その部署を志望する理由を明確にすることも大事。ふわふわした理由だと「絶対にその部署じゃないと困る人」よりも優先度は落ちると思います。特に配属前の志望を面談で伝える場合、事前に面談の練習をするなどして突っ込まれそうなところはきちんと穴埋めをするべきです。

まとめ~事前の準備と理解が納得の配属に繋がる~

ここまで、配属希望を出すためにこういうことを気を付けるべきだよということを書いてきました。

特に理系の場合、内定のタイミングで配属先がある程度想定されていることも多いようなので*4、内定後にあがいても無駄だったということもよくあります。

しかし、自分なりにこういう理由でこの部署に行きたいとはっきり意思表示したことは今後の役に立つのではないでしょうか。この記事を参考に対策を立ててもらえれば幸いです。

*1:私の知っている範囲ではそうだった

*2:第2新卒のようなキャリアをリセットする転職は別です

*3:個人的にはこういう部署の仕事は好きです

*4:文系と違い専門性が重視されるだけでなく、学校推薦が多く内定辞退のリスクが小さいため、配属先を想定しながら内定を出した方が効率的