少年院に行ってみた!

少しアレなタイトルですが....こんにちは。

 

公務員心理職のお話をした際に,

 

husbird.hatenablog.com

 

少年院にインターンに行ったということを書きました。
心理職にとってメジャーな選択肢ではありますが,意外と行ったことがある人って少ない...ということで実際に行ってきた感想をまとめてみます。

POINT

少年院に行ける貴重な機会でもあるインターンのお話です。

 

 

少年院とは?

少年院(しょうねんいん)は、保護処分の執行を受ける者及び少年院において懲役又は禁錮の刑の執行を受けることとされた者を収容するための施設。法務省矯正局が管轄する。 (Wikipedia「少年院」より引用)

 のことです。

もの凄く端折って言うと,かなーり悪いこと(ex.薬物とか重窃盗とか)をした少年を収容する施設のこと。

矯正施設ではあるものの,教育(職業教育だけではなく5教科の授業も含む)を重視したカリキュラムになっており,成人の刑事施設(ex.刑務所)とは全く異なる仕組みで運営されています。

少年院のインターンとは?

毎年夏休み・春休みに行われる,法務省インターンシップ(人間科学)のうち,少年院に行くインターンのことです。他には少年鑑別所に行くインターンもあります。*1

 

ちなみに,少年院は矯正管区の管理下にあるのですが,インターン中に矯正管区のオフィスに行くことはありません。*2


公務員心理職のインターン自体少ないので,おすすめインターンの一つです。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

www.moj.go.jp


 

参加するために何が必要?

  • 心理学 or 教育学等を学んでいること
  • 学部3年生以上であること(一部の施設は2年生以下でも可)
  • 800字程度のESを提出すること
  • 大学から推薦されること(推薦自体は誰でももらえます)

私が参加したのは1年生のとき。応募できる施設が少なくて苦労した...
(定員割れしたからか,3年生以上しか参加できない施設に行くことができました)

 

民間のインターンと異なり,交通費・食費全て自己負担です*3また推薦なので自分の都合による辞退ができません!

 

ES自体は平凡な内容だと思います。私が参加した年は志望動機と学生時代に力を入れたことでした。*4倍率自体はさほど高くないですし,学歴フィルターもなかったように思います。

 

大学に提出するESの締め切りが夏のインターンだと5月半ば,春のインターンだと10月下旬とかなり早いです。

実際に行ってどうだった?

機密上の都合から書けないことが多いですが,司法矯正の制度についての講義や,少年院で行われる処遇の仕組み,実際に少年院内の施設を見学するなど,普段は絶対に見られないモノをたくさん見ることができました。

 

意外かもしれませんが,覚せい剤などの薬物に関する教育や性犯罪予防に関する教育などもある程度同じ少年院で受けることができます。
成人の刑務所の場合,罪ごとに刑務所が異なる傾向があるので,珍しいですね...

 

「育て直し」(いわゆる家庭環境に問題のある子供たちへの再教育)に本気で取り組んでいる様子が様々な場所から伺え,少年院への印象が変わりました

 

少年院に行く前は刑事施設のイメージがこれだったんですよね...↓

f:id:husbird:20190527013004p:plain

当たり前ですが虐待等はなかったです。ちゃんと授業もしていましたよ!



2×3m2の部屋に住んでいる私からすると,うちより部屋広くてうらやましい!なんて思ったことも

 

ただ公安職的な人間関係(いわゆる体育会系)が垣間見え,私には合わないと思ったのも事実です。結局この後法務省系の説明会等に行くことはありませんでした。

 

民間のインターンと異なり,学部1年生から参加可能です。このインターンは私にとっても進路を考える貴重な機会になったと思います。



早い段階で行っておけば,公務員心理職の進路を真剣に考える良いチャンスになると思います。*5良ければぜひ参加してみてください...


良い記事だな!と思われた方,よろしければ私のtwitterアカウントもフォローしていってくださいませ。@MarathonUniv

 

そしてこの記事が参考になったよ!という方は下のamazonの欲しいものリストから何か恵んで頂けるともの凄く喜びます。よろしければどうぞ!

*1:法務省本省に行くインターン,当時ありませんでした

*2:インターンシップの一部では矯正管区の方が来てくださります

*3:民間だと出してくる企業が多いのですが...

*4:学部1年生に「学生時代に頑張ったこと」を聞くのは無謀では?

*5:私が知る限り,地方公務員における心理職のインターンはほとんどありませんでした