Web
Analytics

大学院進学と就活の並行方法(3年春からの早めの準備が大事)

こんにちは。

大学3年生になると、大学院に進むかそれとも就職するか..理系の人を中心に悩む人も多いはず。

ネットでは「就活と院試は並行可能だから大丈夫」などとありますが、どうやれば就活・院試の対策を両立できるのかを具体的に書いてくれているサイトはほとんどありません。

どういう根拠で大丈夫って言ってるんだ!

 

ということで実際に並行して進めた私が22卒の現状を踏まえつつ書くことにしました

この記事は心理学(実験系)出身の私の体験をもとに書いていますが、理系文系関係なくある程度は参考になると思います。

f:id:husbird:20201108001033j:plain
 

私自身は学部卒就活と院試を並行して進めた結果、最終的に就職に決めたので院試のところはあまり参考にならないかもしれません。


心理学を生かした就職活動の全体像をつかみたい方はまずこちらの記事をどうぞ!

 

両立せざるを得ない理由と決断の基準を決める

どっちつかずで就活・院試を続けると、大学を卒業するけど行き先がないということになりかねません。それを避けるため、いつまで就活と院試を並行するのか?どんな条件が揃ったら決断するのか?は早め、遅くとも3年生の冬までには決めるべきです。

私の場合、就活と院試を並行した理由はこんな感じ。

  • 心理学関連の研究を深めたいが、院の学費は払えない
  • 基礎研究よりも基礎を生かした製品開発や社会実装に関心があった
  • 売り手市場の内に就職した方がいいかも...


また、決断の条件は心理学の研究開発ができる大企業を10社受け、その結果が出るGWまでに内定が出なければ大学院に進学するとしていました。

結果として実力以上の企業に潜り込めたのも、2つのポイントを決めて就活をしたからだと思います。
 

スケジュール(私の体験含む)

f:id:husbird:20210412203920j:plain

まずは上の表をご覧ください。大学の勉強と研究、就活、院試関連のスケジュールをまとめています。必要最低限の内容に絞ったのですが、それでもやることが多いですね。

3年生のうちにインターンで企業を知りつつ研究室訪問で進学先を絞り込み、4年生になったらすぐに企業の本選考と院試の出願/受験と進んでいく必要があります。その中で研究室訪問やTOEICと言った自分でできることをすべきタイミングを設定しました。

実際にどう活動するかは人次第ですが、それを決める前に知っておいて欲しい要注意点があります。

就活の方がスケジュールが早く、好待遇の企業は4年GW明けにはほぼ残らない

全体的に就活のスケジュールが先、院試のスケジュールが後回しになっています。これは、待遇の良い企業ほど早く採用を終了することが多いからです。3年生6月のインターン選考から始まり、待遇のいい企業については4年生のGW前にはほぼ終わってしまいます。

院試の出願が4年生の6月にピークを迎えるよりも早いため、就活は4年生の春まで、院試は夏から冬に片付ける方針を設定しました。

研究室訪問に適した時期は、自分自身も忙しい

院試を受ける際には、事前に研究室の教員と面談を行い出願の許可を得ることが必要です*1。面談自体はオンラインでもOKな先生が増えていますが、それと同じくらい大事なのは研究室にいる院生と話をしてどんな人・環境かを理解すること。

しかし、学部生にとって時間のとりやすい長期休み(8~9月、2~3月)は学会や就活で院生・教員とも研究室にいないことが多いです。そのため、授業のある期間中に就活と両立しながら研究室訪問をして、研究室とのマッチングを確かめる必要があります。

院試/就活ともにTOEICが必要

就活のエントリーにせよ、院試の出願にせよ最近ではTOEICのスコアが求められます。
そして就活/院試ともにTOEICの基準点は昔より上がっていて、筆記試験の負担が軽い東工大の学際系大学院では800点以上が求められることも。

ES/出願に間に合う試験日で考えると、ほとんど3年生、できれば3年時1月のTOEICで点数を揃えることが必要です。

戦略

きちんと戦略を立てて進めることが大事。ポイントを項目のタイトルにしたので底だけでも読んでください。

 

自分の都合だけでできることは前倒しでやっておく

就活・院試において自分の都合だけでできることは少ないです。おそらく学部の単位取得とTOEICのスコアアップくらいでしょう。

単位取得については、他学部履修*2など自分の裁量で決められる単位分は時間のある3年の前期までに取得するのがおススメ。

就活・院試ともに必要となるTOEICは3年の10月・1月の時点で目標としている点数を超えられるように準備するのが大事です。
 

単位・TOEICの点数が足りないと研究室訪問やインターンに行く時間がありません。逆に時間さえあれば就活はある程度なんとかなります。 

就活のついでに研究室訪問をする

以前ほど就活で都内・大阪市内に行く必要は減りました。しかしそれでも対面でのインターンや面接は行われています。

秋のインターンや春の本選考の時期であれば大学教員も比較的研究室にいます。そういった貴重なタイミングで研究室訪問を済ませ出願許可を得ておくこと、院生と話をして研究室との相性を掴んでおくことが必要です。後になって「やっぱり出願しない」はできますが逆はできませんから。

個別に研究室訪問するのが難しい場合、自分の分野の大規模な学会に参加するのもおススメ。学会発表を回る中で興味のある分野を明確にできますし、運が良ければ進学を考えている研究室の学生や教員とも接触できます。

本当に行きたい企業だけに絞り込んで受験する

インターンにせよ本選考にせよ、企業の選考対策にはそれ相応の時間がかかります。就活との両立を考えると、本選考で受けられるのはせいぜい10社くらいでしょうか。

一方で院進学と悩むということは、「就活がダメなら院に進学すればよい」と言える恵まれた立場とも言えます。

そのため、自分の実力で内定できそう/できなそうということに囚われず、本当に行ってもいいと言える企業にだけ絞り込んで受けることが大事です。私自身も学部卒でありながら一部BtC上場メーカーの技術職ばかり受けていました。
 

就活と院試対策両方に役立つ勉強をして、負担を軽くする

大学院進学後に公務員(国家総合職)を考えているのであれば、学部生の内に試験だけでも受けてしまうことをおススメします。心理学なら人間科学区分、工学系なら工学区分と言った区分であれば、就活を進めつつ院試対策にも役立てることができるからです。

昨今の大学院入試では英語の個別試験を廃止してTOEFLなどの外部試験で代用する大学院が多くなってきました。東大・京大でのTOEICを外部試験のスコアとして受け入れている研究科が多いため、なるべくそういう大学院を選び、早いうちにTOEICを受けておくことが院試・就活の両立に繋がります。

 

冬院試で受験可能かは把握しておく

大学院によっては卒業直前の冬に院試を受けられるところも多いです。東大は少ないですが、地方の旧帝大クラスでも冬院試を実施しているところがほとんど。そのため、自分が行ってもいいと考えている大学院で冬院試を実施しているかどうか?は調べておくと良いでしょう。


私自身も、出身校は冬院試を実施していたので「いざとなったら冬院試で入ればいいや」と考えていたことも4年生の春まで就活に集中できた理由の1つです。

 

 注意

心理学における臨床心理学のように、人気のある研究分野は冬院試だと受けられないことも。分野ごとの傾向は要注意です。

まとめ

院試と就活を同時に進めるのは大変ですが、早め早めの準備があればなんとか両立できます。

親や大学の教員ともきちんと相談をしながら、自分なりの戦略で就活と院試を乗り切っていただければと思います。

*1:京大の情報学研究科のような例外もあります

*2:文系の場合、卒業に必要な128単位の内10単位まで卒業要件になることも