Web
Analytics

企業における心理系R&Dのデメリット~「こんなはずじゃなかった!」を防ぐために~

こんにちは。

私は大学の心理学部を卒業後、民間企業で心理学を活かした研究開発(R&D)をしていますが、大学とは違うところが多々あり日々ビックリすることの連続です。

以前、大学にはない企業のR&Dのメリットを解説しました。心理学のR&Dならではのメリットも多く、いろいろな方に読んで頂いています。


その一方、大学ではそんなこと言われなかったのに…というデメリットももちろん存在します。いいところだけをみて企業に就職して、こんなはずじゃなかった...とならないように今回は心理学専攻→企業の研究開発を選ぶデメリットについて解説します。

f:id:husbird:20200905091955j:plain


テーマを選べない

大学の場合、学部生であっても自分が好きなテーマを選ぶことができます。そのため、大学の卒論のテーマを見ていると「おう…こんなんあるのか…」という成果をどう活用するか見えにくいものも。

このように学生が自由奔放なテーマを選べるのは大学が教育機関であり、「研究室を〇年後にどのような姿にしよう」ということを学生が考えなくていいからです。そのため、少なくとも学部生であれば自分のテーマが成功するか否かをさほど心配せず研究することができます。

もちろん大学院進学率の高い理系の研究室であれば、毎年IFが〇以上の雑誌に×本通すということを意識しているところもあります。

 

一方で会社の場合、「5年後にこういう技術を含んだ商品を市場に投与しよう」「10年後の会社の姿はこういう風なものを目指そう」ということをきちんと考えています。それは利害が必ずしも一致しない社員同士が協力して業績を上げていくためには経営陣がきちんと方針を立てないと収拾がつかないというだけではなく、株主に対して説明がつかないからです。

いずれにせよ会社がきちんと方針を決めた結果、それを達成できるような研究の計画を研究所が作り、実際の詳細な研究内容も会社の方針に影響されることになります。社員の目線からすれば、成果が出るかわからない実験を押し通すのはほぼできないのが現実です。

さらに会社の方針は数年に1度変更されます。それを受けて研究テーマが途中で中止になったり、あるいは研究所そのものが閉鎖されるというリスクもあり、テーマどころか研究開発の仕事を続けられなくなるリスクもあります。

そのためやりたい研究テーマが細かく決まっていて、これじゃないとムリ!という人には企業に就職しても幸せになれないと思います。むしろ上層部から降ってきたテーマの面白いところを見出せる人ならば、テーマの成功率の高さもあって幸せになれるのではないでしょうか。

研究成果が「自分のもの」にならない

大学における研究開発の成果はまず論文です*1。論文の引用文献を見てもらえばわかるように、「誰がその論文を書いたのか?責任著者は誰なのか?」は非常に重視されています。

こういうことができるのは、誰がどの程度その研究に貢献したのかをある程度明確にできるからです。お金を取ってきた人、実際に実験した、考察案を示した人などの貢献が論文の著者に反映されていきます。

一方で、会社の仕事は誰が貢献したのか?を明確に出来ません。最終的には上層部の人がハンコを押してくれなければ仕事ができませんし、特に開発であればいろいろな調整が必要になり、利害関係者が増えすぎるからです。

企業における研究開発の目的の一つは特許です*2。会社は特許を取るためにいろいろな技術開発を社員にさせています。もちろん発明に貢献した社員に対し一部お金で還元されますが、発明で得られた利益に見合っているかといえば、決してそうではないのが実情。そして基本的には特許は会社のものになります。

いずれにせよ、大学に比べて自分の名前で成果を上げることは特に大規模な開発では非常に難しいのが実情です。

学術的に「正しい」ことが会社として成り立たないことがある

大学に限らず企業でも心理学の研究開発をしていると、このモノはもっとこんな感じに変形すると使いやすくなる!ということが科学的にわかってきます。例えば今までよりも短い時間で操作できるようになった、あるいは操作中のミスが減ったという感じに。

しかしそれを会社の製品に落とし込もうとすると、例えば次のような問題が出てきます。

  • コストが高くなるからダメ
  • 法規制の問題からそのデザイン変更はできない
  • 加工が難しいのでそのデザインは嫌だ
  • 安い製品に機能を追加しすぎると、フラッグシップモデルを買ってくれなくなる

こういった理由で、科学的には正しいことが実際の商品には搭載されないことがあります。もちろんこういったことはビジネスとして正しいですし、法律の面からも問題がありません。しかし、正しいことや論理的であることを求める研究者の目線からすると納得できないのも事実。

このような自分の信念に反することはしたくないという理由で待遇のいい企業を辞め、大学に移る人は少なからずいます。

心理学を理解してくれる人がまだ少ない

これは心理学特有の事情です。私が見る限り、心理学の知見を活かして企業で研究開発をする人材はまだまだ少ないのが実情。

伝統的に心理学の人を取ってきた化粧品メーカーなども、学会でポツポツ見かける程度。

こういうことから心理学特有のあるあるは、ほとんどの人に理解してもらえません。例えば次のような問題に入社当初驚きました。

  • 質問紙をきちんと作ることの難しさ
  • ヒトを相手にした研究倫理の問題
  • 実験という特殊な環境で起こるバイアスをいかにして減らしていくか?


心理学の人が当たり前に意識しているこれらは、ずっとモノに向き合ってきた理系の人たちは知らないことなのです。

そしてもっと驚いたのが、モノを作る工学や化学の場合、実験前にN数が決まっていないということ。心理学の場合、実験参加者の数を後で調整することはタブー視されていますが、あちらの文化としては良いものができるまで試作や合成を続けるのがフツーらしいです。


ちなみに、実験参加者数を実験後に追加するとなぜいけないのか?について知りたい方はこちらの記事で紹介している本を読んでみてください。


こういう研究手法の違いが理解されないだけでなく、「ヒトを研究して金になるの?」とか「そもそも個体差大きいヒトなんて研究出来る訳ないじゃん」といった心ない言葉を社内の方から言われることも正直あります。これが一番つらいところ。

工学や化学と違って、会社の収益にどう貢献するかが明確に出来ていない今の段階では、こういう批判に耐えながら研究開発を続ける必要があるのも、大学にはない大きな違いの1つです。

まとめ~デメリットは多いが、現実を見れば企業の魅力は大きい~

ここまで書いてきたように、純粋な研究開発では見られない汚いもの、泥臭い部分はたくさんあります。しかし、自由な研究ができることがウリだった大学も最近ではそうなくなりつつありますし、企業としても研究開発者の待遇改善に向け少しずつ工夫をしているのも事実です。

ここではデメリットも踏まえてどんな人が心理学→企業のR&Dに来て幸せになれそうかをまとめてみました。おおむね次のような感じになります。

  • おカネが大好きで、現実の汚さに目をつぶれる人
  • 心理学には関心があるものの、細かいテーマにはこだわりがない人
  • 若いうちは自分の研究開発に集中したい人
  • 自分自身が心理学→企業という新しいルートのパイオニアになりたい人

私自身はこの条件全てを満たしているので、現段階では概ね満足して企業で働けていますが、さてあなたはどうでしょう?この記事が自分の進路を考える一助になれば幸いです。

 

*1:もちろん最近は社会実装を意識して特許を取ったり、ベンチャーと協業して事業展開している研究者の方もいます

*2:もちろん論文化を目指したり、ブラックボックスにしたいのであえて特許を取らないこともあります