Web
Analytics

「くすりのしおり」を読んで納得して医療を受けよう

こんにちは。

発達障害などの障害/疾患を抱える方で、処方箋によって薬を貰う方も多いと思います。ただ、その薬の必要性や注意点、本当によくわかっていますか?

というわけで今回は、「当事者側が薬のことを理解する必要性と方法」について解説します。

 注意

本記事は、ADHD/ASD当事者である筆者個人の見解です。実際の行動については必ず医師/薬剤師/その他医療従事者とうえ行ってください。本記事を読んで行った行動の結果を筆者が負うことは致しません。

副作用/注意点を理解する意義

多くの薬には副作用があります。その中にはほとんど気にならないものから、死に至りうるものまで様々です。

また、お酒を飲むと効果が減ったり、運転時にめまいが生じるかもしれないなどの注意点もあります。

このような問題があるため、投薬前に医師/薬剤師は色々患者に質問してくるわけです。ただ、医師や薬剤師も患者側の事情を全て知っているわけではありません。だからこそ患者としても副作用などを知ることが大事だと思います。

特に精神科領域は「処方箋しかない」「転院が面倒」などの事情があるため、副作用などを知ったうえで医師などとコミュニケーションを取ることが大事です。

情報の集め方

では、どうやって薬の情報を集めれば良いのでしょうか?薬には使い方や副作用、薬物動態を詳細に解説している添付文書というものがあります。これは製薬会社自ら書いているものです。

この添付文書はネットで検索すれば簡単に出てきますが、医師や薬剤師に向けた内容です。そのため内容もかなり高度ですし、基本的に患者が勝手に読むことを想定していないと思われます。*1

それに対して、一般向けに薬の情報を解説しているのが「くすりのしおり」です。こちらも製薬会社自ら作成しており、必要に応じて日々更新されています。

添付文書と異なり患者さんが読むことを前提にしているため、最低限必要な情報をシンプルに書いてくれています。


書かれている情報の例をあげると、

  • 飲むべき時間/飲み忘れたときの対処
  • 飲んだ後の注意点
  • 想定される副作用

などです。有名なコンサータを例に見ると次のようなことが書かれています。

  • 自動車の運転は避けること
  • アルコールを避けること
  • 同時に2回分飲むことは絶対しないこと

最低限知っておきたい注意点はほぼわかりますね*2

今までは難解な添付文書をヒイヒイ言いながら読んでいましたが、くすりのしおりを読むようになって以降は最低限の内容がすぐわかるように。そのうえで自分が特に要注意な副作用について確認するようになりました。

終わりに

医師の指示に対し何も考えずに従うよりも、きちんとご自身でも情報収集して、医師と対話することが大事だと思います。そのためにもくすりのしおりもぜひ参考になさってくださいね。

*1:ネットでググった範囲の私見

*2:薬の飲み合わせについては書かれていないようですね