【大学受験生向け】心理学部のAO・推薦入試対策に役立つ!おススメ本3選

こんにちは。

以前こちらの記事で,心理学部でうまくやっていくには,いろいろな知識が必要だよ!
というお話をしました。

 

とはいっても「そんなにたくさんの知識を身に着けるのはムリ!」という方が多いのではないでしょうか?

ということで今回は「心理学部受験を目指す高校生向け」に短時間で受験に役立つ!おススメの本を紹介していきます。

f:id:husbird:20171223025048p:plain

 




心理学概論

私の周りで心理学部をAO・推薦入試で受験した人の多くが「あなたは○○大学で心理学の何を研究したいのですか?」という質問をされたそうです。

そのときに心理学の全体像がわかっていないとしっかり話せない...のが実情だと思います。

また近年では「心理学研究に関する文献を読ませ,そのうえで考察をさせる」問題も増えてきています。

例えば,2019年に行われた阪大人間科学部AO入試では,実験に関する論文(日本語)を読ませたうえで「実験結果を予測させる」問題が出題されています。



細かい心理学の知識は不要だとしても,心理学ではどういう実験プロセスを行うのか?は知っておく必要があるのではないでしょうか?

心理学第5版(東京大学出版会)


心理学の入門書はたくさんありますが,5版まで出版された本はたぶんこれだけなのではないでしょうか。amazonでの評価も高いですし,売れ行きも良い様子です。

心理学の入門書らしく基礎的な知識だけではなく,新しくい内容も多く取り入れられています。
例えば進化心理学や社会神経科学のコラムなどほかの本では見られないような「こういう分野にも心理学が導入できる」に関する内容が含まれています。

この本の強みですが,

  • 臨床(カウンセリングなど)と基礎のバランスがちょうどよい
  • 300ページ程と内容が多すぎず,心理学研究史にまで触れている
  • 図とコラムも多く,読んでいて負荷が少ない
  • 大学の教科書としては2500円と安い

あたりです。大学教員が書いている心理学の入門書はたくさんありますが,内容・価格のバランスが一番良い本だと思います。

その他おススメされた本の名前のみ記載しておきますね

  • 心理学 第2版(有斐閣リベラルアーツ)
  • 心理学入門―キーワードで読むこころのモデル
  • ベーシック心理学第2版(二宮克美)

心理英語

残念ながら(?)心理学の分野(近い分野にある神経科学や脳科学ならなおさら)は海外のほうが研究が進んでいるのが現状。

ということもあり,入学後に読まされる論文の大半は英語です。(例外はいくらでもありますが)

また,現段階ではなさそうですが,将来的にはAO・推薦などで「英語での小論文出題」が行われる可能性もありますから心理学に関する知識を英語でつけておくことはとても大事だと思います。

すでに国立大学の後期入試では「英語での小論文」が出題されています。分野は違うものの九大・経済・経済経営は180分間で英語論文を読み,英語で回答する問題が出題されています。
 

A very short Introduction :Psychology

イギリスのオックスフォード大学が出している本です。*1

この『A very short intoroduction』シリーズは,その分野の入門的な知識を容易な英語で解説してくれるというものです。数100冊以上出版されているシリーズで,今回紹介する本もその1つです。

※ここでいう「容易な英語」とは英検で言えば2級程度,CEFRで言えばA2~B1程度のレベルを指しています。

内容をざっと見てみると,

など,高校で扱う内容も少なからず含まれています。

 
このレベルの本が自分で読み切れるようになれば,AO・推薦入試の英語小論文や英語での面接,入学後の論文読解も乗り切れるはず!

上のほうで紹介した心理学の入門書を読んでからPsychologyを読むことで,復習にもなりすごくおススメです。*2

統計学(数学1Aにあったグラフとかのお話)

大学入試では,本格的な統計学(大学に入ったら勉強するであろうt検定,分散分析,正規性仮定など)は出題されません。

 

厳密には数学2B「確率分布と統計的推測」で扱う内容もありますが,実際の大学入試ではほとんど出題されていないのが実情。



むしろ大学入試,特にAO・推薦入試の小論文ではグラフを読み解いて問題解決するスキルが求められます。高校生にもわかる言葉で言えば「箱ひげ図」や「棒グラフ」の読解スキルです。

センター試験での平均点も高い分野なのであまり対策しなくても大丈夫!という人が多いとは思いますが念のため。

具体的にこの本がおススメ!というのはありませんがあえて挙げるとすれば,
次の本でしょうか。ページ数も少なめでお勧めできる本の1つです。

 

まとめ

いくつかの本をおススメしてみましたがいかがでしょう?心理学の知識を身に着けてAO・推薦入試を有利に進めてくださいね。


良い記事だな!と思われた方,よろしければ私のtwitterアカウントもフォローしていってくださいませ。@MarathonUniv

そしてこの記事が参考になったよ!という方は下のamazonの欲しいものリストから何か恵んで頂けるともの凄く喜びます。よろしければどうぞ!(この記事で紹介しているPsychologyはamazon欲しいものリストよりお買い上げ頂いたモノです。)

*1:英英辞典とかで有名なあの大学です

*2:私自身もこの方法で知識を強化しました