入学前によく考えて!公認心理師(カウンセラー)になるための大学選び

こんにちは。

私は受験生の進路決定をお手伝いをする仕事をしていたため、受験生から「心理学部に行きたい!」などという相談をよく受けます。

ただ皆さんの様子を見ていて「その志望校で本当に学びたいことを学べるの?」
とツッコみたくなることが多いので今日はそんな記事を…
受験生の方で志望校を決めかねている方がいればぜひ参考にして欲しいです。

臨床心理士(公認心理師)と大学受験

受験生が心理学に関心を持つ最大のきっかけがこれ。
多くの生徒さんが「カウンセラーになりたい、臨床心理士になりたい、だから心理学科に行こう!」と話してくれます。

ただ臨床心理士になるためには大学院修士課程までの6年間のスケジュールを考えて受験校選びをしなくてはなりません。

また公認心理師になって,「学部で公認心理師の過程を修めること」が原則必須になりました。さらにシビアな志望校選択が求められます。

また、受験生が夢を持っているほど臨床心理士は生活しやすい仕事ではないですし、生生しくて汚い現実をたくさん見ることになります。
※私の経験上です。そのことは近いうちにブログ記事にします。

文学部/教育学部で学べることは違う

本気で臨床心理士/公認心理師を目指す場合、非常に重要なのは「教育学部系の心理学科」でないといけないということです。
*1

そして,日本のほとんどの大学では入学時に学部選択することが求められています

 

有力といえる大学で入学後に臨床/基礎(認知とか)を選択できるのは東大・阪大・上智・同志社くらいでしょうか。京大・早大では入学時の学部選択で公認心理師資格が取れるか決まります

 

ちなみに,文学部系の心理学科では認知心理学など基礎系の内容をやります。
臨床心理学よりもむしろ認知科学に近く、学際性の高い分野とも言えそうです。
こんな感じ↓

 

臨床心理士と公認心理師になるためには異なる受験プロセスがあり(下の写真を見て)しばらくは両立していく形になるでしょう。

f:id:husbird:20180126234426j:plain

f:id:husbird:20180126234442j:plain




大学受験生からすると入学時に「公認心理師を目指すのかどうかを決めなくてはならない」という少し厳しい内容ですね。

教育学部入学=臨床系コース確約ではない

東北大のように,心理学でも教育学部/文学部で学べる内容が違う大学のうち教育学部に入っても必ずしも臨床心理学のコースに入れるとは限りません。

 

国公立大/私大いずれでも臨床心理学のコースは人気ですが,特に私大では心理学唯一の資格ということもあり,ゼミor研究室配属は競争試験に行われるケースがしばしば

 

友達でも「臨床心理士/公認心理師志望だったのに臨床心理学の研究室に入れなかった」人が複数います。

 

研究室配属の基準はGPAで決まることが多いので,入学後も成績を維持する努力が必須です。

 

絶対に臨床心理師/公認心理師になりたいなら国立大がおススメ

例外はたくさんありますが,国立大は私大に比べて,学生の数に比べて先生の数が多いです。


そのため,国立大であれば比較的臨床心理学の研究室に入るのは容易だと思います。

私の知っている範囲では,九大の臨床心理学の研究室は「過去3年間研究室配属における選抜なし」でした。

 

あとは,「なるべく偏差値の高い大学に入る」ことも大事。
偏差値が高い大学ほど,資格がなくても良い就職ができる可能性が高いです。

そのためわざわざ資格を取る必要性が低く,臨床心理学の研究室に入るためのハードルが下がるように思います。

 

まとめ

臨床心理学の研究室は心理学の中でも屈指の人気を誇ります。
ただそこに入るためには大学入学前・入学後いずれもそれなりの努力が求められるのが現実なのでした。
もう一回書きますが,「大学選び」は大事ですよ...


この記事が参考になったよ!という方は下のamazonの欲しいものリストから何か恵んで頂けるともの凄く喜びます。もしよろしければどうぞ!

欲しいモノリスト私の欲しいものリスト

*1:例えば東北大ならば文学部の心理コースと教育学部の心理コースがありますが、文学部では取得困難です