【発達障害】免許を取得するためにすべきこと(事前準備・教習編)

こんにちは。

 
以前発達障害の方が自動車の免許取得に苦労する理由を、当事者の目線で解説しました。

この記事です。

 


この記事を読めば、「発達障害の人には運転は難しい」ということはわかるはず。でも地方に住んでいたり、私のように「就活時に免許がないのはヤバいだろう」といった理由で免許取得を目指す人もいるはず*1

今回はどうしても免許が取りたい発達障害の人に向け、実際に免許を取った私の体験を書いていきます。

POINT

この記事を読めば、「発達障害でも下準備をきちんとすれば免許が取れる」というのがわかります。

医師と相談しよう

前回の記事でも書いたように、発達障害そのものは法的に免許が取れない理由にはなりません。しかし、障害の特性上適性に問題があることは事実ですので必ず相談しましょう特に診断が下りていない方は、診断が下りてから免許取得した方がいいと思います。

f:id:husbird:20180127140350p:plain

その中で聞いて欲しいのは、次の2つ。

  • 免許を取れる見込みはあるのか?
  • 取得に際して何に気を付けるべきか。

私の場合、免許取得にあたって、医師との相談はしていませんでした。してたらもっと早く免許取れただろうな...

合宿免許ではなく、通学の教習所を選ぶ

私は通学の教習所を選びましたが、合宿免許を選択せず本当に良かったと思っています。合宿免許には次のような問題点があるからです。

 

そんなに割安ではない

費用が安く済むことが合宿免許最大のメリットです。しかしそれは「最短(延泊なし)で卒業できた場合の話」。仮免許の試験や卒業試験に落ちた場合、延泊になることが多いです。その場合教習費+延泊料金が追加でかかります。

私のように試験で何度も落ちるタイプの人だと、最終的な費用を計算すると全然安くなかったというケースも…

 

共同生活ならではのストレスがあることも

合宿と名乗っている以上、ある程度の共同生活になっていきます*2。結果として教習期間中に人間関係が生まれます。例えば私の知っている人で、合宿免許で出会った人と恋愛関係になり...という人も。

初めて会う人も多いですし、特に2~3月にはオラオラ系の人がいたりすることもあるようです。いつもと違う環境に強いストレスを感じがちな傾向がある発達障害者には不向きです。

 

試験に落ちて予定の通りの日数で帰れない場合、その後のスケジュールに響く

合宿の場合、普段住んでいる地域から離れた場所に泊まり込んで免許取得に励むことになります。そのため、簡単には途中で帰れません。

免許取得のためには最低2週間かかりますが、社会人としてすでに働いていたり、大学生でもアルバイトをしている場合、かなり長い間職場を休むことになります。試験に落ちてさらに職場に復帰するまでの期間が延びると大変ですよね。限られた給料も減ってしまいますし。

働いていないとしても、帰る日が遅れれば合宿後の予定が狂ってしまいます。これも家の近くの教習所に通って免許を取っていれば避けられる問題です。

安心パックで費用を確定させる

免許取得中に教習がうまくいかなかったり、試験に落ちるとストレスを感じがち。私の場合、期限までに本当に免許が取れるのか?と、教習料金がどんどん増えていくはかなりのストレスになりました。

 

私が通っていた教習所では、通常プランと教習の追加や再試験が無料になる安心プランがありましたが、その料金差は4万円(教習8回分)でした。教習所に入る時の私は「8回分も追加することはないだうろ」と迷わず通常プランを選択。

 
しかし教習が思ったように進まなかったり、試験で落ちてしまったりと気づいたら追加で7万円(教習14回分)払っていました*3

教習所に入る時点で発達障害のリスクを十分に理解していれば、私も安心パックにしたはずです。だから教習所に入る前に医師と相談しておくことが大事なのです。

もし試験に落ちても追加でお金を払う必要ないとわかっていれば、教習期限のことだけを考えて教習ができます。そうすればストレスも半分以下だったはず。

 

学科の勉強は前倒しで進めておく

お勉強は得意な人はまだしも、そうでない方は学科試験もハードルになります。現実として学科は一夜漬けで受かるほど甘いものではないです。

 

仮免、卒検前の検定にせよ、数日間の勉強は必要。これを後回しにして試験を受けるのが遅くなると、技能検定の日も遅くなり運転の感覚がなくなる...そうすると卒検でも落ちまくるという悪循環になります。

 

試験の日程を教習所が決めてくれればそれに合わせて勉強できる...という方も多いと思います。その点では通いのスケジュールコース(教習所に入る段階で、●日に教習を行う、仮免の学科試験は●日、卒検は●日...といつ受けるかを全て決める)は見通しを持ちにくいADHDにはオススメできます。



【おまけ】発達障害者へのサポートが厚い教習所を選ぶ

発達障害があるからか、どうしても注意力が...そんな人もいると思います。残念ながら運転教習を行うときの教官で、本人の特性まで理解して丁寧に教えてくれる人は皆無でした。むしろかなり傲慢な人が多かった印象。

 

少しでも免許取得率を上げるため、発達障害へのサポートが手厚い教習所を選ぶのも一つの手です。例えばここに紹介した鹿沼自動車教習所は、発達障害を持った人を筆記・運転の実技試験両方の側面でサポートする体制を整えています。


私が以前参加した日本心理学会でも、ここの職員の方が発表していました。どうして発達障害でも免許が取れるのか?をとても丁寧に説明されていたため、個人的にもいい印象を持ちました。

 

まとめ

発達障害の人が免許を取るのは、確かにかなり大変です。それでも、免許を取れば一人でいろいろなところに行けたり、就職先の選択肢が広がったりとメリットも大きいです。

誰でも免許を取るべきだとは思いませんが、ここまで書いてきた工夫をしてみればストレスなく免許取得まで到達できる可能性が上がります。

このブログでこの記事以外にも発達障害向けの記事を書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。

*1:実際に就活をしてみると,なくても何とかなりそうです

*2:別に特別なルールがあるわけではありませんが

*3:試験で落ちると教習+試験で2回分の料金がかかったのも痛かった